エマニュエル・レヴィナス『倫理と無限』翻訳刊行 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > エマニュエル・レヴィナス『倫理と無限』翻訳刊行ホーム > 公刊物 > エマニュエル・レヴィナス『倫理と無限』翻訳刊行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エマニュエル・レヴィナス『倫理と無限』翻訳刊行

ryu

拙訳でエマニュエル・レヴィナス『倫理と無限―フィリップ・ネモとの対話』が刊行されました。自らの思想の形成と発展を、代表的著作にふれながら語ったインタビューです。平易な語り口で、自身によるレヴィナス思想の解説とも言える魅力的な一冊となっています。岩田靖夫氏が「難解なレヴィナス哲学へのもっともやさしい入口」と何度か紹介したことのある著作です。

 エマニュエル・レヴィナス
 『倫理と無限―フィリップ・ネモとの対話』
 西山雄二訳、ちくま学芸文庫、176頁、1,050 円



スポンサーサイト
[ 2010/04/07 01:17 ] 公刊物 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。