ジゼル・ベルクマンとの打ち合わせ 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > ジゼル・ベルクマンとの打ち合わせホーム > 映画の上映準備 > ジゼル・ベルクマンとの打ち合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジゼル・ベルクマンとの打ち合わせ

ジゼル・ベルクマン氏とモンマルトルのカフェで明日の映画上映会の打ち合わせをしました。国際哲学コレージュの実情についても話を聞き、参考になりました。

gisele cafe

今回のフランス上映に合わせて、パリに旅行に来た学生の中真大さん(京都大学)と守屋亮一さん(早稲田大学)も同席しました。中さんからは「自分が出演している映画が日本や他の国で上映されていることについて、どんな気持ちでしょうか?」との質問。「自分のイメージではなく、言葉が見知らぬ誰かと響き合っていることが大切」との返答。守屋さんからは「初めてのパリで、ホームレスや物乞いなどあからさまな貧困を目の当たりにして驚いています。哲学者は貧困にいかに対置できるのか?」との質問。「貧困を直接的に行動したり分析したりではないにしろ、具体的な現実に届くような哲学の実践が必要」との返答。

gisele3 cafe
(守屋亮一さんと中真大さん)

来3月にベルクマンさんは来日し、UTCPにて26日はワークショップ「フランス現代思想の地平」、27日は映画の討論に参加されます。→ http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/
スポンサーサイト
[ 2010/02/18 06:17 ] 映画の上映準備 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。