2010年2月上映スケジュール 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 2010年2月上映スケジュールホーム > 上映スケジュール > 2010年2月上映スケジュール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年2月上映スケジュール

2月4日(木)
上映=17:00-18:35/討論=18:45-20:00
筑波大学
総合研究棟A 107教室
地図:http://www.tsukuba.ac.jp/access/tsukuba_access.html
討論「新自由主義の競争原理/人文学の無償性」
ゲスト:佐藤嘉幸(筑波大学)
コメンテーター:トマ・ブリッソン(筑波大学)
新自由主義が促進する競争の原理は、卓越性や効率性をめぐる大学の改革といかなる関係にあるのか?人文学的な知の無償性の観点から、資本主義とアカデミズムの現状を問う。
主催:筑波大学現代語・現代文化フォーラム
http://www.modernlc.tsukuba.ac.jp/index.shtml

2月5日(金)
上映=18.00-19.35/討論=19.45-20.30
アートエリアB1
京阪電車中之島線「なにわ橋」地下駅構内
地図: http://www.artarea-b1.jp/
定員80名(入退場自由、先着順)
中之島哲学コレージュ/特別共同企画:映画「哲学への権利―国際哲学コレージュの軌跡」上映+討論「哲学と社会の対話」
カフェマスター:本間直樹(大阪大学)
進行: 中村征樹(大阪大学)
主催:コミュニケーションデザイン・センター/アートエリアB1・ラボカフェ
共同主催:『哲学への権利』大阪上映会実行委員会
協力:カフェフィロ

2月6日(土)
上映1=14.30-16.00/上映2=16.15-17.45/討議=18.00-19.30
京都大学
農学部総合館 W-100教室(西棟1階)
地図: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_n.htm
討論「哲学の現場」
ゲスト:廣瀬純(龍谷大学)
哲学の研究教育がたんなる知や情報であるだけでなく、そこに参加する人々の生のあり方を変革するような「現場」となることは、いかにして可能だろうか? 映画『哲学への権利』から出発して、現在、哲学のアクチャルな現場とは何かを問う。
主催:『哲学への権利』京大上映会実行委員会(代表:臼田泰如)

2月7日(日)
上映=15.00-16.35/討論=16.45-18.00
大阪大学
豊中キャンパス 実践センター教育研究棟Ⅰ ステューデント・コモンズ1階開放型セミナー室
地図:http://www.cep.osaka-u.ac.jp/uploads/img_studentcommons_intro/studentcommonsmap.png
討論「哲学とデモクラシー」
ゲスト:望月太郎(大阪大学)、斉藤渉(大阪大学)
主催:『哲学への権利』大阪上映会実行委員会、大阪大学文学部哲学・思想文化学専修
共催:大阪大学大学院文学研究科
後援:大阪大学言語文化研究科

2月8日(月)
上映=18:00-19:35/討論=19:40-20:30
神戸大学
瀧川記念学術記念交流会館大会議室
地図:http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/bun-ri-nou.htm
討論「ジャック・デリダにおける教育と哲学」
ゲスト: 松葉祥一(神戸市看護大学)、中畑寛之(神戸大学)
哲学と教育をめぐるデリダの活動を、彼の脱構築思想のもっとも具体的な理論と実践として議論する。
後援:神戸大学人文学研究科

関連イベント(映画上映はありません)
2月9日(火)13:00~17:20
神戸大学
百年記念会館 六甲ホール
フォーラム「人文学における古典と対話」

【第1部】13:00-14:25
取組報告:「古典ゼミナール」「古典力発展演習」成果発表会
【第2部】招待講演
14:40 西山雄二(東京大学)「人文学にとって現場とは何か?――古典・対話・教養」
15:20 山脇直司(東京大学)「哲学、社会学、社会思想史の相互連関」
16:10 全体討論 テーマ「人文学における古典と対話」
司会:油井清光(神戸大学) 討論者:松田毅(神戸大学)、奥村弘(神戸大学)
(参加無料・事前申込不要)
問い合わせ先:078-803-5564(倫理創成プロジェクト室・若手研究者室)
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/fusion/index.html

2月18日(木) 18:30-21:30
パリ・国際哲学コレージュ

場所:Salle 1, Centre Parisien d'Études Critiques, 37 bis rue du Sentier, 75002 Paris
討論「哲学への権利 Le droit à la philosophie」
参加者:Evelyne Grossman (国際哲学コレージュ議長), Boyan Manchev (同副議長), Gisèle Berkman (同プログラム・ディレクター), Michel Deguy (パリ第8大学名誉教授), François Noudelmann (パリ第8大学), Pierre Zaoui (コレージュ・プログラム・ディレクター)
国際哲学コレージュにおいて、いかなる仕方で知の生産や共有がおこなわれているのか。1983年の創立当初からコレージュは現存するユートピアを体現してきたが、その現在と未来はいかなるものだろうか。このグローバル化の時代において、人文学の未来、「哲学への権利」の未来はいかなるものだろうか。コレージュという制度に「はるかなる視線」(レヴィ=ストロース)を注ぐだけではなく、歴史、政治、つまりは倫理といった三重の問いかけをおこなう。
主催責任:Gisèle BERKMAN, Boyan MANCHEV et Yuji NISHIYAMA.
共催:東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター(UTCP)」
後援:Centre Parisien d'Études Critiques

2月19日(金) 15:00-19:00
パリ第8大学
Salle D143
参加者:Bruno Clément(パリ第8大学), Anne Berger(パリ第8大学)

2月22日(月)17:30-
ボルドー第3大学
Amphithéâtre 2
参加者:Eddy Dufourmont(ボルドー第3大学)

スポンサーサイト
[ 2010/02/01 07:17 ] 上映スケジュール | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。