雑誌「atプラス」03(東浩紀さんとの対談) 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 雑誌「atプラス」03(東浩紀さんとの対談)ホーム > 公刊物 > 雑誌「atプラス」03(東浩紀さんとの対談)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雑誌「atプラス」03(東浩紀さんとの対談)

ryu
太田出版から刊行されている雑誌「atプラス」03(特集=生きるためのアート)にて、東浩紀さんとの対談「アナクロニックな時間のつくり方――人文知の継承のために」が掲載されています。映画『哲学への権利』と東さんの小説『クォンタム・ファミリーズ』を取り上げつつ、大学と在野、哲学の無償性、責任の問い、教養の回復、人文知の連続性、哲学と制度などをめぐる話になりました。批評家・東さんが大学や、大学内の哲学をどのように考えているのか、お話をうかがうことができて大変興味深かったです。



スポンサーサイト
[ 2010/02/08 00:03 ] 公刊物 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。