映画へのメッセージ(岩崎稔、本橋哲也) 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 映画へのメッセージ(岩崎稔、本橋哲也)ホーム > 映画へのメッセージ > 映画へのメッセージ(岩崎稔、本橋哲也)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画へのメッセージ(岩崎稔、本橋哲也)

今日、広い意味で、「哲学をすること」はどんな可能性をもちうるのか。私たちが生きていく上で何かを考えざるをえない、何かが考えることを迫ってくる、そんな思考の経験をいかに表現すればよいのか。大学や出版が危機に曝されている現代において、私たちが自分の思考や言葉を表現しようとするときに直面する宿命的な問いが本作では描き出されている。

――岩崎稔(東京外国語大学)


久しぶりに真に「興奮する」映画を観た。映像や音楽の美しさ、身体性のひらめきが抜群で、何よりも、私たちを「活動」へと誘う映画である。Excellent ! Grand merci !

――本橋哲也(東京経済大学)

スポンサーサイト
[ 2010/01/24 10:50 ] 映画へのメッセージ | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。