【報告】広島大学(大場淳) 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 【報告】広島大学(大場淳)ホーム > 上映報告(国内) > 【報告】広島大学(大場淳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【報告】広島大学(大場淳)

1月7日(木)、広島大学高等教育研究開発センターにて、大場淳氏(広島大学)とともに上映会がおこなわれた(参加者20名程度)。

hiroshima.jpg


高等教育研究開発センターは、日本で初めて1972年に設置された、大学・ 高等教育に関する研究のための専門機関である。高等教育に関する優れた研究を積み上げてきたこのセンターを訪問することはかねてからの願いだったが、今回は映画上映という形でその活動に参与させていただいた。

会場からは、「国際哲学コレージュが大学の内外で、人文学的教養の促進のためにいかなる効果を発揮しているのか」、「教育成果をいかにして明示すればよいのか」といったやや専門的な質問が出た。「哲学の存在意義を考えることは、人文学を保守するための要になる」という言葉を受けて会は締めくくられた。
スポンサーサイト
[ 2010/01/07 22:08 ] 上映報告(国内) | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。