2009年12月上映スケジュール 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 2009年12月上映スケジュールホーム > 上映スケジュール > 2009年12月上映スケジュール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年12月上映スケジュール

12月5日(土)
上映=13:30-15:05/討論=15:15-16:30
南山大学
名古屋キャンパスJ棟1階特別合同研究室(Pルーム)
地図:http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/navi/nagoya_main.html
討論「ジャック・デリダにおける教育と哲学」
ゲスト:宮崎裕助(新潟大学)、ギブソン松井佳子(神田外語大学)、加藤泰史(南山大学)
哲学者ジャック・デリダはフランスでは伝統的な大学制度の門外漢にとどまり続けたが、哲学と教育、哲学と大学の関係を実践と理論の両面で真摯に問い続けた。彼は1970年代、政府による哲学教育の削減に反対してGREPH(哲学教育研究グループ)を結成し、1983年には、哲学の領域横断的な可能性を引き出すための学府「国際哲学コレージュ」を創設する。哲学と教育をめぐるデリダの活動を、彼の脱構築思想のもっとも具体的な理論と実践として議論する。
主催:南山大学ヨーロッパ研究センター http://www.nanzan-u.ac.jp/EUROPE/

12月12日(土)
上映
(概要説明後)=17:00-18:40/討論=18:50-20:10 (最大延長20:30まで)
ジュンク堂書店新宿店 8F喫茶(新宿三越アルコット内)
地図:http://www.junkudo.co.jp/sinjuku.html
ゲスト:萱野稔人(津田塾大学)
国家の問いと格闘する萱野、大学の問いに挑む西山はともに、「制度」に対する哲学的考察を積み重ねてきた。同時期にパリ第10大学に留学していた気鋭の若手二人が、日本とフランスの哲学の状況を比較しながら、哲学の使命を提示し、哲学の未来を語る。
入場料:1,000円(1ドリンク付)
事前予約:7階レジカウンターにて。電話予約も承ります。TEL 03-5363-1300(担当:阪根正行)
定員:50名(定員に達し次第締め切りとなります。キャンセル待ちはできません。) ⇒満員御礼
主催:ジュンク堂書店新宿店 http://www.junkudo.co.jp/event2.html

12月21日(月)
上映=13:00-14:35/討論=14:40-15:30
ICU 国際基督教大学
H-316(本館3階)
地図:http://www.icu.ac.jp/info/facilities.html#1
討論「大学の理念、そして制度――映画『哲学への権利』とともに」
ゲスト:佐野好則(ICU)
大学の余白にて生成する「哲学の場」としての『国際哲学コレージュ』の試みを参照点として、大学の理念、本来的な大学のあり方、その制度を考えたい。討議においては、『国際哲学コレージュ』の試みが投げかける「哲学の問い」「制度の問い」への応答を試みる。その応答は、その名に冠された「国際」「基督教」「大学」の三語によってなされるだろう、否、なされざるをえないだろう。国際基督教大学において『哲学への権利』が上映されること、このことの特殊性に即した議論が展開されることを期待されたい。
主催:武藤康平(ICU)、キリスト教と文化研究所
スポンサーサイト
[ 2009/12/05 01:09 ] 上映スケジュール | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。