映像作品「旅の終わりの旅立ちの唄」― 映画『哲学への権利』上映に向けて 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 映像作品「旅の終わりの旅立ちの唄」― 映画『哲学への権利』上映に向けてホーム > 映像作品 > 映像作品「旅の終わりの旅立ちの唄」― 映画『哲学への権利』上映に向けて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映像作品「旅の終わりの旅立ちの唄」― 映画『哲学への権利』上映に向けて

ドキュメンタリー映画『哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡』は2009年9月にアメリカ東海岸の4つの大学で上映され、討論会が開催されました。その記録をもとに映像作品を制作しました。 
   
(画面右下、音量の右隣のボタンを押すと、拡大画面で見ることができます。字幕の文字を読みやすくするために、拡大画面で鑑賞されることをお勧めします。)

映画『哲学への権利』は12月5日の南山大学を皮切りに、日本およびフランス各地での上映と討論会が始まります。

本作で提示されるのは、大学外に研究教育制度を創設することの可能性、知の無償性の原理、教員の民主的で平等な関係、カリキュラムやプログラムの理念、学際性と哲学の関係の問い、経済的価値観と人文学の関係、研究教育の場所の問い、デリダの脱構築思想と教育の関係といった多様な論点です。哲学やデリダや国際哲学コレージュのたんなる紹介映画ではなく、大学、人文学、教育、哲学といったものを今の時代にどう考えるのか、その問題と展望を示す射程をもった映画に仕上げました。

映画の上映だけではいささか不十分なので、各回でさまざまなゲストの方に協力していただき、討論をおこなうことで議論を深めたいと考えています。各地での上映に足を運んでいただければ幸いに思います。
                                       2009年12月5日 西山雄二
++++++++++++++
「旅の終わりの旅立ちの唄/A Song of Departure at the End of a Journey」
音楽:matryoshka “Beyond” in cocutura (Remixed by Headphones Remote)
http://www.matryoshka.jp
監督:西山雄二 字幕協力:Naveh Frumer

スポンサーサイト
[ 2009/12/05 00:00 ] 映像作品 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。