フランスでの上映準備とアメリカ上映会の映像作品製作 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > フランスでの上映準備とアメリカ上映会の映像作品製作ホーム > 映画の上映準備 > フランスでの上映準備とアメリカ上映会の映像作品製作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フランスでの上映準備とアメリカ上映会の映像作品製作

国際的な学術イベントの準備のために、電子メールはなんとも絶大な威力を発揮します。送信と返信をくり返す中で、企画が練り上がっていき、詳細が明らかになっていきます。しかし、何日も返事が来ないと不安になったり、相手を怒らせてしまったりと、たいへん気を遣う作業でもあります。国際会議は運営上のちょっとしたミスが重大な結果を引き起こしかねませんから、どうしても慎重になります。映画「哲学への権利」は、友人たちの力を借りて、2月のフランス上映に向けて準備が進行しています。パリ、ストラスブール、ボルドーの順に、上映日程・会場・討論参加者を確定していく作業です。

将来の上映会を準備すると同時に、現在、9月のアメリカでの上映会の記録を映像作品として製作中です。アメリカの4つの大学での討論会は充実したものだったので、その議論の一端をしかるべき形で公開したいと考えました。映像公開の承諾を得るために登壇者たちにメールを書いたところ、全員から了承の返事。「完成したら早く観たい」との返信には励まされ、製作につい力が入ります。

filmUSA.jpg
(映像作品「旅の終わりの旅立ちの唄」より)

スポンサーサイト
[ 2009/11/16 02:22 ] 映画の上映準備 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。