映画へのメッセージ(酒井直樹、ジゼル・ベルクマン) 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 映画へのメッセージ(酒井直樹、ジゼル・ベルクマン)ホーム > 映画へのメッセージ > 映画へのメッセージ(酒井直樹、ジゼル・ベルクマン)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画へのメッセージ(酒井直樹、ジゼル・ベルクマン)

西山雄二監督が製作した『哲学への権利』は、数多くのコンテクストへと開かれた見事な映像ドキュメンタリーであり、多種多様な角度からの鑑賞が求められる、哲学に関するたぐい稀な映画である。国際哲学コレージュの関係者に対する西山氏のインタヴューを聞きながら、鑑賞者はヨーロッパや西洋といった狭い境界の外で哲学について考えるように誘われる。映画という媒体を用いて、西山氏は、現代の哲学が引き受けるべき責務を、西洋と非西洋という言説を乗り越えた世界を体現するという現代の哲学の責任を私たちにはっきりと思い出させてくれる。
――酒井直樹(コーネル大学教授、『トレイシーズ』編集主幹)

Yuji Nishiyama created a wonderful cinematic documentary open to many contexts, an exceptional film about the topic of philosophy that demands a viewing from multiple angles. His interviews with the faculty members of the Collège International de Philosophie solicits the audience to think of philosophy outside the narrow confines of Europe and the West. Through the cinematic medium, Nishiyama succeeded in reminding us of the task that contemporary philosophy is expected to undertake, of its responsibility to be of the world beyond the discourse of the West and the Rest.
―Naoki Sakai, professor at Cornell University, and founding senior editor
of Traces, a multilingual series of cultural theory and translation.

国際哲学コレージュに関する映画『哲学への権利』は真の意味できわめて教育的価値の高い作品である。歴代の議長や新旧のプログラム・ディレクターたちの異なる視座が交互に編集されているので、一般の観衆も、ジャック・デリダらが1983年に創設したこの独創的な制度のことを理解することができる。私たちはそして、ある形で実現されたユートピアとでも表現されるものへと誘われていく――あらゆるひとに開かれた場所、活気ある研究と創造のための場所として構想され、既存の知や学問分野の領域交錯(インターセクション)を問う国際哲学コレージュへと。インタヴューを聞きながら、私たちはコレージュが存生し、思考し、進化する姿を目の当たりにする。また、コレージュが現在、いかなる問題、いかなる危機に直面しているのかも示される。それは、このグローバル化の時代に、研究機関がどこか平準化されていくこの時代に人文学が直面している問題と危機でもある。いかにしてコレージュはその特殊性を擁護することができるのだろうか。独創的なこの研究機関はいかなる歴史をもつのだろうか――これが本作品で浮き彫りになる問いである。西山監督は異なる視点の対話を編集し表現することに成功しているが、これは、この比類なき制度の根幹を鼓舞し続けてきた対話の精神にほかならない。
――ジゼル・ベルクマン(国際哲学コレージュの現プログラム・ディレクター)

Le film réalisé par Yuji Nishiyama sur le Collège international de philosophie est d'un très grand intérêt pédagogique, au sens vrai du terme. Par le biais d'un montage alterné qui permet d'accéder aux points de vue divers d'anciens présidents du Collège, mais aussi d'anciens directeurs de programme et de directeurs en exercice, il permet à un large public d'accéder à l'intelligence de cette institution singulière qu'est le CIPh, co-fondé en 1983 par Jacques Derrida. Nous entrons, à sa suite, dans ce qu'est, en quelque sorte, une forme d'utopie réalisée: à savoir, le Collège, pensé comme un lieu accessible et ouvert à tous, comme lieu d'une recherche et d'une création vivante, attachée à questionner les intersections des savoirs et des disciplines constitués. Au fil des interventions, on voit vivre, penser, évoluer le Collège. On perçoit également quels problèmes, quelle crise il traverse actuellement, crise qui est aussi celle des humanités à l'ère da la globalisation et d'une certaine standardisation des organismes de recherche. Comment le Collège pourra-t-il défendre sa spécificité? Qu'est-ce que l'historicité d'une institution de recherche originale? Telle est aussi la question qui se profile dans ce documentaire. Le réalisateur a réussi, par le montage, a transmettre le dialogisme des points de vue, inséparable de l'esprit de dialogue vrai qui a inspiré la fondation de cette institution sans équivalent.
―Gisèle Berkman, directrice de programme au CIPH
スポンサーサイト
[ 2009/10/11 10:08 ] 映画へのメッセージ | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。