東京大学立花隆ゼミ+立花隆『二十歳の君へ』 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 東京大学立花隆ゼミ+立花隆『二十歳の君へ』ホーム > 公刊物 > 東京大学立花隆ゼミ+立花隆『二十歳の君へ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京大学立花隆ゼミ+立花隆『二十歳の君へ』

東京大学立花隆ゼミ+立花隆『二十歳の君へ――16のインタビューと立花隆の特別講義』(文藝春秋)が刊行されました。学生たちが企画・取材・編集した手づくりの眩しい一冊です。私の二十歳の頃に関するインタビューも収録されています。丁寧に取材していただいた近藤伸郎さん、青木伸子さんに感謝申し上げます。

20ans1.jpg

立花隆の「二十歳の君たちへのメッセージ」を主題とする講義を中心に、著名人に聞く「二十歳の君への宿題」を学生がまとめる東大生が今、同世代に送りたいメッセージ。第一部では、内田樹、森見登美彦、リリー・フランキーら16人の著名人に彼らがインタビューし、二十歳にしておくべきことを聞く。第二部では、彼らの先生である立花隆氏の6時間に及ぶ講義を収録。70歳の師が若者に伝え残したいものとは。最後は、ゼミ生による「青年の主張」で締めくくる。企画、編集、デザインすべて彼らの手作り。

20ans2.jpg
(オビ裏の立花さんの言葉)
スポンサーサイト
[ 2011/01/18 18:45 ] 公刊物 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。