国際哲学コレージュ新議長マチュー・ポット=ボンヌヴィル 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 国際哲学コレージュ新議長マチュー・ポット=ボンヌヴィルホーム > 国際哲学コレージュでの活動 > 国際哲学コレージュ新議長マチュー・ポット=ボンヌヴィル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国際哲学コレージュ新議長マチュー・ポット=ボンヌヴィル

ryu 2010年9月30日、パリの国際哲学コレージュで議長選がおこなわれ、4名の候補の中からマチュー・ポット=ボンヌヴィルMathieu Potte-Bonneville氏が選出された。任期は2010年10月から3年間。若干42歳のポット=ボンヌヴィル氏はパリ郊外の高校教師。ミシェル・フーコー研究者。政治と文化を横断的にとり上げる雑誌「ヴァカルムVacarme」の編集メンバーでもある。4人の副議長も任命され、ボヤン・マンチェフ氏に代わりジゼル・ベルクマン氏が国際連携担当を務めることになる。
スポンサーサイト
[ 2010/10/02 23:51 ] 国際哲学コレージュでの活動 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。