左古輝人氏(首都大学東京社会学)とのネット対談 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 左古輝人氏(首都大学東京社会学)とのネット対談ホーム > 報告・取材記 > 左古輝人氏(首都大学東京社会学)とのネット対談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

左古輝人氏(首都大学東京社会学)とのネット対談

ある日、勤務先の首都大学東京のメールボックスに、「日本記録映像振興会」なる団体のパンフレットが入ってました。何かと思ったら、同大学の社会学専攻の左古輝人先生によるNPO法人であることが分かりました。

sako1DSC05507.jpg

佐古先生は、営利を前提としないドキュメンタリー映像を振興するために日本記録映像振興会を設立されたそうです。最近では撮影機材の手頃さから、アマチュアによるドキュメンタリー制作が増えています。この会は、アマチュアによる個人史ビデオ制作のための講座を設け、最終的には作品を完成させるサポートをしているそうです。

sako2DSC05517.jpg

会のHP上ではネット対談を放映していく企画があり、その対談相手として同僚の私が参加しました。2010年9月13日、調布市文化会館の映像ホールで撮影がおこなわれ、対談では、拙映画「哲学への権利」の活動、映像素材と研究教育の関係、大学の可能性など、話題が多岐に及びました。同じ大学という思わぬ近い場所に、やはりドキュメンタリー映像活動に精力的に携わっている教師がいて嬉しく思いました。対談の模様は11月上旬に公開予定です。
スポンサーサイト
[ 2010/09/13 21:34 ] 報告・取材記 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。