福間健二監督『わたしたちの夏』製作中 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 福間健二監督『わたしたちの夏』製作中ホーム > 報告・取材記 > 福間健二監督『わたしたちの夏』製作中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

福間健二監督『わたしたちの夏』製作中

首都大学東京の同僚・福間健二(英文学・詩人)氏が前作『岡山の娘』(2008年)に次ぐ映画『わたしたちの夏』の製作を開始しました。「9.11」以降の世界の生死の時空を、一組の男女と娘のすれ違いと葛藤、和解を通じて描き出す作品です。60歳を過ぎても創作意欲の衰えない詩人・監督の福間氏を真近で見ていると、こちらも底力が湧いてきます。

Fukuma3 IMG_0203

福間氏の依頼を受けて、映画「わたしたちの夏」には急遽出演することになりました。9.11以後の世界を娘に語る男の役で、ここだけ台詞はなくてアドリブ。 お任せするから、との話でした。8月の猛暑の朝、近所の公園で撮影がおこなわれ(福間氏も私も同じ街に住んでいる)、短いシーンは無事に収録されました。

Fukuma1 IMG_0235

本作は2011年の夏にミニシアター系で巡回上映予定。「わたしたちの夏」という題名は福間氏が敬愛するゴダール「わたしたちの音楽」へのオマージュです。
スポンサーサイト
[ 2010/08/16 12:11 ] 報告・取材記 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。