【報告】朝CAMP「アリストテレスの友愛論」 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 【報告】朝CAMP「アリストテレスの友愛論」ホーム > 報告・取材記 > 【報告】朝CAMP「アリストテレスの友愛論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【報告】朝CAMP「アリストテレスの友愛論」

2010年7月30日、朝7:30-9:00の時間で、新宿駅前のカフェにて、朝CAMP「アリストテレス『ニコマコス倫理学』(第8-9巻「友愛」)を読む」が開催された。朝CAMPは、出勤・通学前の朝のひとときに古典テクストを数名で読むという連続企画で、実際に出勤前の会社員を含めて15名ほどが集まった。CAMP→ http://ca-mp.blogspot.com/

camp1 DSC05329

前半はゲストである私が自分の関心に沿って発表し、後半は全員での議論となった。今回はアリストテレスの友愛論。友の条件、友の種類、友の数、友と共生と別離、友愛の能動と受動など、さまざまな論点が列挙された。

camp2 DSC05339
スポンサーサイト
[ 2010/07/30 14:10 ] 報告・取材記 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。