ミドルセックス大学哲学科がキングストン大学に移転 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > ミドルセックス大学哲学科がキングストン大学に移転ホーム > ミドルセックス大学問題 > ミドルセックス大学哲学科がキングストン大学に移転

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミドルセックス大学哲学科がキングストン大学に移転

2010年6月8日、ミドルセックス大学哲学科の閉鎖問題に一大転機が訪れた。同大学のThe Centre for Research in Modern European Philosophy(近代ヨーロッパ哲学研究センター)が、ロンドン南西部にあるキングストン大学へと移転されることになったのだ。4名の教員(6名中)が移籍し、大学院プログラムが新学期の9月から新天地で開始される。4月末の哲学科閉鎖通知からわずか6週間、この問題は新たな局面を迎えたと言える。

この「部分的だが、意義のある勝利」は、イギリス国内外での運動「ミドルセックス大学の哲学を救おう」によるところが大きい。哲学科閉鎖の衝撃はネット上で伝播し、不条理で不合理な人文学切り捨てとして人々の怒りが発せられたのだ。また、イギリスだけでなく、フランスやドイツのいくつかの大学からも哲学科救済のための学術的連携が提案されたという(各国の哲学科、哲学学会、哲学センターなどから連帯の手紙やアピールが次々に出されたが、日本からのものはない)。

img_9614_1_12.jpg

また、キングストン大学の英断は賞讃すべきものである。事が起こってから6週間、新学期を3カ月先に控えながら、哲学センターと大学院を制度的に受け入れるとは、実に寛大な行動である。しかも、キングストン大学の学部には哲学科はなく、哲学系の教員は少ない。近年、人文学分野への投資を増加させてきた大学とはいえ、どのような力学でこのような決定が短期間でなされたのだろうか。

日本に例えて想像してみよう――12月、ある大学の卓越した哲学科の閉鎖が経営上の理由で突然通告される。国内外でマスコミも含めて、閉鎖の非合理さを分析し、反対し、連帯する声が上がる。中国や韓国など、近隣国の哲学科から支援の声が寄せられる。新学期を控えた1月半ば、閉鎖の危機にあったこの哲学科が、哲学科のない、哲学教員がさほどいない他の大学によって救済される――日本ではほとんど想像できないことではないだろうか。

これで閉鎖問題に一区切りがついたわけだが、さまざまな闘いは継続される。停職・停学処分を受けている教員学生の処遇を撤回させること。職を失う恐れがある2名の教員のこと。反対運動に連帯した他学科の教員や学生が残されること。非効率的とみなされる学部学科は今後も閉鎖の危機に曝され続けること……等々。「私たち」にも起こりかねない、人文学の今日的事例として今後も動向を注視していきたい。
スポンサーサイト
[ 2010/06/15 23:18 ] ミドルセックス大学問題 | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。