映画へのメッセージ(ジャン=リュック・ナンシー、カトリーヌ・マラブー、サイモン・クリッチリー) 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > 映画へのメッセージ(ジャン=リュック・ナンシー、カトリーヌ・マラブー、サイモン・クリッチリー)ホーム > 映画へのメッセージ > 映画へのメッセージ(ジャン=リュック・ナンシー、カトリーヌ・マラブー、サイモン・クリッチリー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画へのメッセージ(ジャン=リュック・ナンシー、カトリーヌ・マラブー、サイモン・クリッチリー)

国際哲学コレージュはその創設以来20年以上にわたって、私たちの世界の知の総体、思考の総体に領域横断的に関わるような、従来の哲学観を大きく乗り越える「哲学」の実験と交流の場であり続けてきた。国際哲学コレージュにおいては、「世界のヴィジョン」や「システム」としての「哲学」はその時代を終える。なぜなら、もはや世界はイメージや概念によって容易く把握されはしないからだ。国際哲学コレージュが受け入れてきた数々の革新は、根底的に変容しつつある世界へと思考をたえず開いてきた。この意味で、映画『哲学への権利』は「世界を変化させる」作業に対するきわめて貴重な貢献である。マルクスの表現を借りれば、こうした変化の端緒が開けるのは、「世界」が意味するものの「解釈」を通じて、それゆえ、「国際」や「哲学」が意味するものの解釈を通じてなのだから。
――ジャン=リュック・ナンシー(ストラスブール大学名誉教授)

Le Collège International de philosophie aura été, depuis sa fondation il y a plus de vingt ans, un lieu d'expérience et de communication de ce qui, sous le nom de "philosophie" va bien au-delà de la discipline reçue sous ce nom et concerne de manière transversale tout le savoir et toute la pensée de notre monde. La "philosophie" comme "vision du monde" ou comme "système" y a fini son temps, parce que le monde ne se laisse plus prendre dans une image ni dans un concept. Les innovations acueillies par le CiPh n'ont pas cessé d'ouvrir la pensée à ce monde en profonde mutation. Le film de Yuji Nishiyama est donc une contribution très précieuse au travail de "changer le monde" car ce changement commence - pour continuer à citer Marx mais en le détournant - dans l'"interprétation" de ce que "monde" veut dire. Donc aussi de ce que veulent dire "international" et "philosophie".
―Jean-Luc Nancy, professeur émérite à l'Université de Strasbourg


映画『哲学への権利』は過去の映画ではない。国際哲学コレージュの未来を切り開く、計り知れない価値をもつドキュメントである。現在の世界における哲学の状況を問いながら、本作品が描き出すさまざまな方向性は、間違いなく、未来の思考にとっての重大な指針となるであろう。それは、問いに対して自らを開放しておくこと、グローバル化時代における理論や批判の場所、制度や大学の余白における知的交流の必要性である。躍動感溢れるこの見事な映画は、責任ある証言とは何であるべきか、その核心を描き出している。
――カトリーヌ・マラブー(パリ第10大学准教授、国際哲学コレージュの元プログラム・ディレクター)

Le film de Yuji Nishiyama n'est pas un film du passé. C'est un document de valeur inestimable qui ouvre un avenir au Collège International de Philosophie. En interrogeant la situation de la philosophie dans le monde, ce film dessine les orientations de ce qui devrait être l'orientation majeure d'une pensée du futur : l'ouverture au questionnement, la place de la théorie et de la critique à l'âge de la globalisation, la nécessité d'un échange intellectuel en marge de l'institution et de l'université. Beau et vivant, ce film incarne l'essence de ce que devrait être un témoignage responsable.
―Catherine Malabou, maître de conférences à l'Université de Paris X,
ancienne directrice de programme au CIPH


映画『哲学への権利』は、つねに危機に曝される貴重で独創的な制度「国際哲学コレージュ」を描いた見事な映画である。西山雄二監督が国際哲学コレージュの関係者におこなうインタヴューは詳細で有益なもので、きわめて興味深い瞬間が何度も引き出される。とりわけ、ミシェル・ドゥギー、カトリーヌ・マラブー、フランソワ・ヌーデルマンのインタヴューは見応え十分である。その生涯において国際哲学コレージュと関係する人々にとって、本作はノスタルジアと希望を喚起する。また、国際哲学コレージュに馴染みがない人々の好奇心をも大いに駆り立て、制度の本質をつねに問い続けるこの制度に没頭させるにちがいない。
――サイモン・クリッチリー(ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ哲学科学科長、
国際哲学コレージュの元プログラム・ディレクター)

This is a wonderful film on a precious, unique and constantly threatened institution. Yuji Nishiyama's interviews with protagonists of the CiPh are detailed and informative and elicit some extremely entertaining moments. Of particular merit are the interviews with Michel Deguy, Catherine Malabou and François Noudelmann. For those of us with a biography entangled with the CiPh, Nishiyama's movie provokes both nostalgia and hope. For those unfamiliar with the CiPh, it should arouse great curiosity and engagement with an institution that constantly question the nature of institutions.
―Simon Critchley, Chair of Philosophy, New School for Social Research and
Ancien Directeur de Programme, College International de Philosophie (1998-2004).
スポンサーサイト
[ 2009/10/03 02:14 ] 映画へのメッセージ | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。