ミドルセックス大学の哲学を救おう(Save Middlesex Philosophy) 公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > スポンサー広告 > ミドルセックス大学の哲学を救おう(Save Middlesex Philosophy)ホーム > ミドルセックス大学問題 > ミドルセックス大学の哲学を救おう(Save Middlesex Philosophy)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミドルセックス大学の哲学を救おう(Save Middlesex Philosophy)

ryu
2010年4月26日、イギリス・ミドルセックス大学当局は、哲学科の教員に対して一方的に、学部から博士課程までの全プログラムの廃止を通告した。同哲学科は世界をリードする学科で、国際的に卓越した研究活動で評価が高い。英語圏におけるヨーロッパ大陸哲学の最重要の研究拠点として知られている。ヨーロッパの現代思想、批判理論、精神分析、美術理論、マルクス主義思想などの幅広い研究教育が展開されている。

紹介記事:
http://thethirdestate.net/2010/04/middlesex-university-shamefully-cuts-philosophy-department/
http://www.cinestatic.com/infinitethought/

同大学では、The Centre for Research in Modern European Philosophy(近代ヨーロッパ哲学研究センター)http://www.web.mdx.ac.uk/CRMEP/INDEX.HTMも運営されており、大学院レベルでの先端的哲学教育プログラムが国際的な仕方で実施されてきた。現代フランス思想研究のエリック・アリエズEric Alliezやピーター・ホルワードPeter Hallward、ドイツ哲学研究のピーター・オズボーンPeter Osborneらが現在の教員で、かつてはアレクサンダー・ガルシア・デュットマン(Alexander Garćia Düttmann)などが教鞭をとっていた。

大学側の言い分では、「哲学科が世界的に優れた学科であることは認識しているが、単純に財政上の理由」とのこと。壮大な愚行だとしか言いようがない。当局と哲学科教員との会談では一方的に廃止が告げられた模様だが、すでに署名活動は始まっている。「哲学への権利」の目下の最前線のために連帯を願う。

署名HP: ミドルセックス大学の哲学を救おう(Save Middlesex Philosophy)
http://www.gopetition.com/petitions/save-middlesex-philosophy.html
(ページ下方の「Sign the petition」をクリックで手続き開始。誰でも簡単に署名できます。もちろん、研究者や大学院生でなくとも結構です。)
HP: Save Middlesex Philosophy http://savemdxphil.wordpress.com/

ミドルセックス大学に留学されていた宮崎裕助氏(新潟大学)からコメントをいただいたので掲載します。(5月2日付記)

「私はアレクサンダー・ガルシア・デュットマン氏のもとで、2003年にミドルセックス大学の美学・芸術理論コースで修士号を取得しました。ここは英国でもヨーロッパ哲学を専門としている数少ない哲学科のひとつで、毎月の研究セミナーでは、独仏英米等からさまざまな講師が招かれ、ロンドンにあって世界でもヨーロッパ哲学の多様性が交叉する重要な結節点となっていました。哲学科はミドルセックス大学の看板学科であるはずだけに、その全面的閉鎖は常軌を逸した暴挙です。今回の決定は、ミドルセックス大学にとって、そして哲学の未来そのものにとって不幸な結果をもたらすにちがいありません。」――宮崎裕助(新潟大学)
スポンサーサイト
[ 2010/04/29 18:37 ] ミドルセックス大学問題 | TB(2) | コメント(-)
この記事のトラックバックURL
http://rightphilo.blog112.fc2.com/tb.php/108-74b611e8

 …なんと、この間はうちのカレッジが古文書講座問題で大揺れになり、先頃ウェルカム研究所の廃止ニュースが飛び込んできて歴史研究者を震撼させましたが、今度はミドルセックス大学の現代ヨーロッパ哲学センターが廃止の危機だとか。継続嘆願の署名集めが行われているので
[2010/05/01 19:14] Commentarius Saevus
この間のキングズカレッジに続き、イギリスのミドルセックス大学の哲学科が廃止を通告されました。これに抗議する署名が行われています。 首都大学東京の西山雄二さんのサイトに詳しいブログ記事があったので、転載しておきます。 http://rightphilo.blog112.fc2.com/blog-e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。