公式HP映画「哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡」

本ブログでの情報はすべて個人HPに移動しました。今後はそちらでの閲覧をお願いします。⇒http://www.comp.tmu.ac.jp/nishiyama/

ホーム > アーカイブ - 2010年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

公開ワークショップ「哲学と大学」

2010年12月26日、一橋大学にて「哲学と大学」公開ワークショップが開催され、15名ほどが集まった。(主催:科研費基盤研究(B)「啓蒙期以後のドイツ・フランスから現代アメリカに至る、哲学・教育・大学の総合的研究」)

まず、西山雄二(首都大学東京)の発表「フランスの哲学と制度」において、20世紀のフランスの哲学の制度化とそれをはみ出す運動との関係が概説された。高校や大学で哲学が制度化され、専門化されると同時に、在野での哲学的活動(民衆大学、ポンティニーの十日、コレージュ・フィロゾフィック、雑誌の公刊など)が活発となる。これは、哲学の閉鎖性と開放性といった哲学そのものの二律背反性(デリダ)に端を発するものではないだろうか。

philouniv1 DSC06797

次に、宮崎裕助(新潟大学)氏は、「英米語圏における「人文学」的思考の現在」と題して報告した。サイードは晩年の『人文学と民主主義的批評』において、文献学への回帰を強調しつつ、あらゆる階級と背景の人々に開かれたデモクラシー的解放を謳った。ただ、サイードの人文学論は狭義の人間主義に裏打ちされており、言語の根本的にアナーキーな性格への配慮は見られない。人間の規範的な諸価値を問い直す、ポストヒューマニティーズとしての人文学を構想することが課題と可能性として残されている。

philouniv2 DSC06821

最後に、藤本夕衣(京都大学)氏は、博士論文にもとづいて、発表「アメリカの大学における教養教育論争 ―「文化戦争」にみる政治哲学の問い」をおこなった。ポスト・モダン時代の大学を論じる糸口をつかむために、藤本氏は、リチャード・ローティとアラン・ブルームの古典論を参照する。

ローティは解釈学的立場から形而上学的な哲学の無効化(それゆえ、形而上学的理念が保証する近代的大学の無効化)を示唆し、文化左翼と分析哲学への批判を通じてポスト・モダン的大学の病理を描く。ローティにとって、偉大な作品は読者のインスピレーションを回復させる点で重要であり、古典を読む場としての大学は社会からの一時的な避難所である。

philouniv3 DSC06853

他方で、西洋中心主義的な保守主義者とされるブルームもまた、大学の二つの解体を意識する。啓蒙主義的理念にもとづくドイツの大学を経て、出口のないニヒリズムが蔓延するアメリカの大学において必要なのは、古典の著者の声に徹底的に聴き従う読者の態度である。古典の読解を通じて、読者は自らの不完全さを自覚し、知へのさらなる欲望(エロス)を抱く。大学は社会との緊張関係を保ったまま、古典を読むことのできる場所である。

藤本さんはさらに、両者の師であるレオ・シュトラウスを参照し、歴史主義と古典の意義という視座から古典論を分析した。古典論と政治哲学(近代民主主義の問いと規定)との接点を浮かび上がらせ、さらにこの関係をポスト・モダンの大学論へのひとつの解として示す手ほどきは的確で、とても興味深い発表だった。
スポンサーサイト
[ 2010/12/26 22:50 ] 報告・取材記 | TB(0) | コメント(-)

【報告】東北大学(勝守真、寺本成彦、坂巻康司)

2010年12月17日、東北大学(川内北キャンパス)にて、勝守真(秋田大学)、寺本成彦(東北大学)、坂巻康司(同)とともに上映会がおこなわれた。東北地方での初の上映会で、秋田や山形、岩手など近隣県からも何人も足を運んでいただき、60名ほどが集まった。寒い中、遠方より足を運んでいただいた方に謝意を表わしたい。

tohoku DSC06698
(左から 坂巻康司、寺本成彦、勝守真)

勝守真氏は、日本の現実と比べて、映画は夢物語を語っていることに驚いたと口火を切った。旧来の学問分野が成り立たなくなると同時に、カルチュラル・スタディーズ的な学際的研究もまた難しくなっているのではないか。映画では「抵抗」が強調されるが、コレージュが掲げる「領域交差intersection」には戦いの要素はあるのか。異なる学問分野が仲良く混ざり合うという心地よさにも聞こえる。

tohoku DSC06678

寺本成彦氏は、デリダの支持者として、また、近年の人文学の危機という問題意識から登壇しているとまず、自らの立場を表明した。デリダは言葉に対する執拗な反省をおこなうことで、文学への揺るぎない信念を指し示してくれる。また、近年、国際や人間といったキーワードを加えて新しい学部学科が創設されているが、それはたんなる融合や混合以上の何かを生み出しているだろうか。

tohoku DSC06686

坂巻康司氏は、この映画は巡回上映という形式で思想の運動を成功させているが、しかし、この映画自体に運動性が欠如しているのではないか、と難点を指摘した。

tohoku DSC06728

会場からは興味深い質問が相次いだ。「秋田の近所の図書館にはカントの『純粋理性批判』さえ所蔵していない。哲学の可能性が身近に感じられない。日本では哲学は専門的なもので、一般人の意識からは遠く、できれば避けたいもののように思える」が最後の問い。登壇者3名が誠実に応答し、私はこう答えた――「哲学は専門的であると同時に、「知への愛」として思考する欲望一般をも指す。「哲学への権利」は奇妙な言葉で、「への」という表現によって「哲学とは何か」を問う。哲学の可能性があるのかないのか、とは別の意味で、「哲学への権利」は開かれており、それをあなたに伝えるために私は東北までやって来た。」
[ 2010/12/17 09:24 ] 上映報告(国内) | TB(0) | コメント(-)

ゼミ公開拡大版「笑いとは何か?」

2010年12月15日、首都大学東京(南大沢)にて、ゼミ公開拡大版「笑いとは何か?」が開催された。通常のゼミメンバーに加えて、社会人や都内の複数の大学生ら20名ほどが集まった。

warai1 DSC06641

まず、大宮理紗子(心理学専攻)さんが、発表「大きな笑いへの小さな考察」において、笑いに対して多角的かつ的確な考察を加えた。動物は現実と密着して生きる動物とは異なり、人間だけが世界を対象化して笑う。笑顔は人類共通のコミュニケーション手段である。しかし、笑顔は少しの変化でグロテスクな表情に映り、恐怖や怒りを表わすことがあり、実は非常に微妙な身体表現である。

笑いはその原因とともに分類され、①「快の笑い」(生後一カ月の乳児が授乳後満足して出る人間の基本的な笑いから成長とともに発展した笑い)、②「社交上の笑い」(人間関係を円滑に行うための技術としての笑い)、③「緊張緩和の笑い」などに大別される。 これら三区分はさらに細別され、「本能や期待の充足による笑い」(おなかいっぱい! 課題をやり終えた!)、「優越の笑い」「不調和の笑い」「価値逆転・低下の笑い」(飼い猫に無視される…)、さらには、「協調の笑い」(あいさつ笑い、つられ笑い)、「防御の笑い」「攻撃の笑い」(ブラックジョーク)、「価値無化の笑い」(笑ってごまかす)などが考えられる。これらの分類は単一的ではなく、通常は複数の要素によって笑いは生じるだろう。

「笑い」は、一人の世界の中では生み出されえず、つねに他者を必要とする。そして、誰か、何かとの関わりの中(それは恐怖体験かもしれないし、快楽を得るような体験かもしれない)でより大きなものへと構築されうる、というのが大宮さんの結論。

warai2 DSC06647

次に、西山雄二が発表「真理、笑い、神」をおこなった。大宮さんが笑いを「世界のなかの他者」との関係として規定したのに対し、西山は笑いを「世界の他者」を創造する行為として説明した。

多種多様な笑いに関する考察はまさに人間論そのもので、人間に単一の答えがないように笑いにも単一の答えはない。ただ、ホッブズ、スタンダール、ボードレール、柳田国男などの笑い論にみられるのは、嘲笑や優越による笑いの規定である。ただこれは人間の人間や動物に対する笑いであり、人間主義的解釈の域を出ない。言葉遊びやナンセンスなどの言語表現から生じる笑いをどう考えればよいのだろうか。

動物とは異なり人間だけが笑う、そして人間だけが宗教をもつ。だとすれば、笑いと超越的な存在(神など)との関係はいかなるものだろうか。例えば、キリスト教において笑いはつねに問題含みで、大笑いや高笑いといった動物的な仕草は愚者の振る舞いとして忌避されていた。キリスト教の価値転換を図るニーチェはそれゆえ、反キリストとして笑いの預言者ツァラトゥストラを登場させる。ツァラトゥストラはパロディによってキリスト教を破壊し、さらに笑いと舞踏によって人間の創造を試みるのだ。

warai3 DSC06643

最後に参照されたのは深沢七郎「風流夢譚」。天皇家の断首を描くこの小説は右翼の反感を買い、発売元の中央公論社社長・嶋中宅への暴行事件に発展する(右翼少年によって家政婦が刺殺、夫人が重傷)。この小説に対して天皇家の生々しい処刑が問題とされるが、むしろ短歌のパロディこそが重要ではないだろうか。天皇が伝統的に保護してきた短歌を揶揄し、主人公はその中身の空虚さを指弾する。これは天皇の根源のパロディであり、滑稽な模倣はオリジナルな世界を二重化し、その正統性を揺るがす。世界の他者を生み出すことこそが、宗教的ファナティズムに拮抗する文学的フィクションの自由と権利である。

そして、坂巻美穂(仏文学専攻)さんがコメントを加え、モリエールの文脈に即して論点が展開された。とりわけ、貴族と平民を共に笑わせるための技法やモリエールによる自作の自己パロディの事例が興味深かった。その後の充実した質疑応答も含めて、笑いの絶えない実に豊かな年末の会だった。
[ 2010/12/15 23:54 ] 首都大学東京での活動 | TB(0) | コメント(-)

The Right to Philosophy: Traces of the International College of Philosophy



The Right to Philosophy: Traces of the International College of Philosophy
(Le droit à la philosophie: les traces du Collège international de Philosophie)
A Documentary Film by Yuji Nishiyama
 
   Deconstruction is an institutional practice for which
   the concept of the institution remains a problem. ‒ Jacques Derrida

 This is the first documentary film on the International College of Philosophy (Collège international de Philosophie: CIPh), founded by, among others, Jacques Derrida and François Châtelet in 1983 in Paris. The film consists of interviews with former presidents Michel Deguy, François Noudelmann and Bruno Clément, current vice-president Boyan Manchev, and with former and current program directors Catherine Malabou, Francisco Naishtat and Gisèle Berkman. The aim of this film is to consider the possibilities of the Humanities in general and philosophy in particular under the current conditions of global capitalism. One of the main themes it tries to develop is the "question of the institution", namely the relationship between philosophy and institutions—a topic that was very central for deconstruction as elaborated and practiced by Derrida.

DSC.jpg noudel.jpg cle.jpg

 The film consists of eight chapters. In the first introductory chapter, "Profiles", each interviewee narrates his or her own profile in relation to the CIPh. The following chapter, "The Definition of the CIPh", highlights the very original characteristics of the research and educational activities taking place at the Collège. In the third chapter, "The CIPh and Universities", the interviewees explain the original nature of the CIPh in comparison with other academic institutions, including its principle of being free of charge, the equality among the professors, and its conceptions of curriculums and programs. Chapter four, "The Idea of the CIPh", contrasts the notion of "intersection" established by the Collège with that of inter-disciplinarity in departments such as Cultural Studies or Comparative Studies, mainly in the Anglo-Saxon academic landscape.

nai.jpg Title2.jpg mala.jpg

 The fifth chapter, "The CIPh and Economic Value", presents crucial problems faced by the human sciences stemming from the demands of global capitalism for profitability, efficiency, excellence etc. Chapter six, "The Question of Place", asks where research and educational activities can take place by looking at the example of CIPh as an institution that has no campus. The seventh chapter, "Problems", presents various problems the CIPh is currently facing. In the last chapter "Jacques Derrida and the CIPh", the interviewees recall Derrida's contributions to the Collège and to "the right to philosophy".

gisele.jpg Derridas12.jpg boyan.jpg

Film Screening
 From September 2009, this film have and will be shown at numerous locations in U.S.A. (The New School for Social Research, Cornell Univ., New York Univ., Yale Univ.), France (Collège international de Philosophie, Univ.de Paris VIII, Univ.de Bordeaux III), Japan (more than 20 universities, movie theater, book store, cafe, etc.), Hong Kong (Chinese Univ.of HK, Lingnan Univ.), Korea (Yonsei Univ., SuyuNomo), Germany (Humboldt Univ.of Berlin, Univ.of Leipzig, Univ.of Wuppertal) and England.


(A Screening Tour in U.S.A., September 2009)

Messages
The International College of Philosophy, since its foundation of more than two decades ago, would have been a place of experiment and communication of what, under the name "Philosophy" goes beyond the discipline received under this name, and concerns in a transversal manner all the knowledge and all the thought of our world. "Philosophy" as "vision of the world" or "system" finished there its time, because the world is no longer let to be taken in an image or in a concept. The innovations accepted by the College haven't stopped opening the thought to this world in its profound mutation. Nishiyama’s movie is thus a very precious contribution to the work of "changing the world", because the change begins - to continue to quote Marx however in a distorted way -, in the "interpretation" of what the "world" signifies. Therefore also of what "international" and "philosophy" signify. ―Jean-Luc Nancy, Professor emeritus at University of Strasbourg

Nishiyama's movie is not a movie of the past. This is a document of inestimable value which opens the future to the International College of philosophy. In questioning the situation of philosophy in the world, this movie depicts the orientations of what must be major orientations of the future thought: openness to the questioning, place of the theory and the criticism in the age of globalisation, necessity of an intellectual exchange in the margin of the institution or the university. Beautiful and vivacious movie incarnates the essence of what must be a responsible testimony. ―Catherine Malabou, Associate Professor at University of Paris X and Ancien Directrice de Programme, College international de Philosophie (1989-1995)

This is a wonderful film on a precious, unique and constantly threatened institution. Yuji Nishiyama's interviews with protagonists of the CIPh are detailed and informative and elicit some extremely entertaining moments. Of particular merit are the interviews with Michel Deguy, Catherine Malabou and François Noudelmann. For those of us with a biography entangled with the CIPh, Nishiyama's movie provokes both nostalgia and hope. For those unfamiliar with the CIPh, it should arouse great curiosity and engagement with an institution that constantly question the nature of institutions. ―Simon Critchley, Chair of Philosophy, New School for Social Research and Ancien Directeur de Programme, College international de Philosophie (1998-2004)

A wonderful cinematic documentary open to many contexts, an exceptional film about the topic of philosophy that demands a viewing from multiple angles. Nishiyama's interviews with the faculty members of the Collège International de Philosophie solicits the audience to think of philosophy outside the narrow confines of Europe and the West. Through the cinematic medium, Nishiyama succeeded in reminding us of the task that contemporary philosophy is expected to undertake, of its responsibility to be of the world beyond the discourse of the West and the Rest. ―Naoki Sakai, Professor at Cornell University


(A Screening Tour in France, February 2010)

Movie Details
Featuring interviews with Michel Deguy, François Noudelmann, Bruno Clément, Catherine Malabou, Francisco Naishtat, Gisèle Berkman and Boyan Manchev
Music by Matryoshka
Directed by Yuji Nishiyama
Supported by the University of Tokyo Center for Philosophy (UTCP)
Screening time: 84 minutes
Language: French, with English subtitles (and with Japanese, Korean, German subtitles)
Trailer: http://www.youtube.com/watch?v=Ps4VhUAhxSc&feature=channel_page


(A Round Table at University of Tokyo Center for Philosphy [UTCP], March 2010)

ryuAbout the Director, Yuji Nishiyama
Associate Professor at Tokyo Metropolitan University
Directeur de Programme, CIPh (2010-2016)
e-mail: yujitomokonishiyama[at]ybb.ne.jp
Yuji Nishiyama received his PhD from Hitotsubashi University’s School of Languages and Society in 2006. From 2007 to 2010, he worked as a Project Lecturer in the University of Tokyo Center for Philosophy (UTCP), one of the most active philosophical center in Japan. He has been teaching in the section of French Studies at the Tokyo Metropolitan University since 2010. He works on modern French philosophy, focusing on Jacques Derrida and Maurice Blanchot. In the past few years he is working on a research project titled “Philosophy and University”. He is the author of Literature as Contestation: Solitude, Friendship and Community in Maurice Blanchot (Tokyo: Ochanomizu-syobô 2007) and The Right to Philosophy (with DVD, Keiso-syobo, 2011), and the editor of
Philosophie et Éducation II: Le droit à la philosophie (UTCP 2009), and Philosophy and the University (Miraisya 2009). He is also the Japanese translator of books and articles by Jacques Derrida (The University without Condition, Save the Name), Maurice Blanchot, Jean-Luc Nancy, Emmanuel Levinas and Catherine Malabou.
[ 2010/12/10 00:20 ] 映画の概要・内容 | TB(0) | コメント(-)

2010年12月上映スケジュール

ryu 関連イベント(映画上映はありません)
12月15日(水)16:30-18:30
首都大学東京
(南大沢)5号館1階137教室
ゼミ拡大版 「笑い」とは何か?
発表:大宮理紗子(首都大学生)・西山雄二
コメント:坂巻美穂(首都大学生)
入場無料・事前予約不要
主催:西山雄二担当・専門教育科目「フランス語圏文化論B」

12月17日(金)上映=16:30-18:00/討論=18:00-19:00
東北大学
川内北キャンパス内 マルチメディア教育研究棟6階大ホール
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/
討論者:勝守真(秋田大学)、寺本成彦(東北大学)、西山雄二
コーディネーター:坂巻康司(東北大学)
主催:映画『哲学への権利』東北大学上映実行委員会

関連イベント(映画上映はありません)
12月26日(日)13.30-16.45
一橋大学
佐野書院 (西キャンパス南側 JR国立駅から徒歩20分)
地図:http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html(図中28番の建物)
「哲学と大学」公開ワークショップ
13.30-14.15
西山雄二(首都大学東京)「戦後フランスの哲学教育」 コメント:藤田尚志(九州産業大学)
14.15-15.00
宮崎裕助(新潟大学)「英米圏での人文学論」 コメント:大河内泰樹(一橋大学)
15.15-16.45
藤本夕衣(京都大学)「アメリカの大学における教養教育論争 ―「文化戦争」にみる政治哲学の問い」
主催:科研費基盤研究(B)「啓蒙期以後のドイツ・フランスから現代アメリカに至る、哲学・教育・大学の総合的研究」 入場無料、事前予約不要

関連イベント(映画上映はありません)
12月27日(月)14.00-
東京外国語大学
海外事情研究所 研究講義棟4階 427
新しい世紀の最初の10年の終わりに考える――『格闘する思想』(平凡社新書)を手掛かりとして
司会:本橋哲也(東京経済大学)
提題者:矢部史郎(思想家)/岩崎稔(東京外国語大学)
応答者:海妻径子(岩手大学)、白石嘉治(上智大学)、西山雄二(首都大学東京)
主催:WINC(Workshop in Critical Theories)
[ 2010/12/01 02:50 ] 上映スケジュール | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。